2021年7月12日月曜日

キリスト教、共産主義、ユダヤ人、そして聖書

Christianity, Communism, the Jews and the Bible


このことを知って、彼らの手口に気をつけて— 決して彼らに騙されてはいけません!


聖書がユダヤ人の魔術書であることを明らかにするにあたって、常に覚えておいてください…ユダヤ人は非常に賢く、双方をコントロール(支配)しいます。彼らはお互いに戦っているふりをしているが、その裏では世界を奴隷化するという彼らのアジェンダのために働いている。多くのキリスト教の教会、特にバチカンは、共産主義に反対して戦っているふりをしていますが、大衆には知られずに共産主義のために働います。ナザレンは共産主義のために働いているのです。ナザレンは共産主義しか教えていませんでしたし、彼の説教や彼の人生さえも、カール・マルクス自身のように、怠け者で、寄生虫のように他人の施しを受けて生きていました。ソ連は、何百万人もの罪のない異邦人が拷問されて死んだときに、何人ものユダヤ人(彼らは最も大きな声で叫ぶ)を迫害するというショーを行った。このユダヤ人迫害は見せかけだけであり、彼らは世界の奴隷化の支配という目標を達成するためには、自分たちの誰かを犠牲にすることも気にしない。ワシのnoteのこれは関係あるな。リンク
例えば、ヨセフ・スターリン(本名ヨセフ・ドゥガスビリ、グルジアの名字ドゥガスビリの意味は「ユダヤ人の息子」)は、反ユダヤ主義を主張していましたが、2番目の妻もユダヤ人であったことを考えると(彼の子供たちも同様に)、彼の共産主義者としての英雄、ウラジーミル・レーニンをはじめ、彼が直接関わったクズたちの嘘は、どんなバカでも見抜くことができますが、それはやはり大衆を騙すためだけにあるのです。共産党の指導部やKGBのほぼ全員がユダヤ人で、ユダヤ人と結婚していたため、非常に裕福な生活を送っていた一方で、労働者階級は想像を絶する残虐な扱いを受けていました。これはソ連だけではなく、他のすべての共産主義国も同様でした。 「鉄のカーテン」が崩壊する前は、ソ連はイスラエルに反対する国を公然と支持していた。 イスラエルと敵対しているように見せかけて、実はそうではなく、両者は同じ目的のために協力しているのです。このことを知って、彼らの手口に気をつけて— 決して騙されてはいけません!


前にも言いましたが、これからも言います...キリスト教が本当にユダヤ人と対立することができるでしょうか?あの臭い聖書のすべてのページに「ユダヤ人」「ユダヤ」「イスラエル」などのコーシャのくだりがありますし、何よりナザレンは生まれてから死ぬまでユダヤ人です。 何世紀にもわたって無知な信者たちがキリスト教に注ぎ込んだ精神的エネルギーを考えると、ユダヤ人は自分たちが好きなようにできる無限のエネルギーを持っているのです。これが彼らの防波堤であり、根源なのです。だからこそ、聖書には数字や特定の節がたくさん出てくるのです。(ヘブライ語で振動しているのが彼らのマントラです)聖書が数字や具体的な節であふれているのはこのためです。聖書は世界中のほぼすべての家庭に植えられ、キリスト教が容赦なく人々に押し付けられ、強要されている(ユダヤ人を愛さなければ永遠に焼かれる)ことを考えると、聖書はサブリミナル媒体として機能していると言えます。働きかけのための受信機。多くのクリスチャンが聖書の節を暗記しています。これはさらに、多くの人の心の中にとても強力なリンクを作り、ユダヤ人が呪いや大量の富を引き寄せるための呪文を働かせることになるのです。 多くのクリスチャンが聖書の節を暗記しています。これはさらに、多くの人の心の中に、ユダヤ人が呪いや大量の富を引き寄せるための呪文を働かせるための非常に強力なリンクを作り出すことになります。そして、呪いをかけ、大量の富を引き寄せるための呪文を唱えています。彼らの聖書にも、ユダヤ人について "汝、栄えるべし "と書かれています。このために、あなたは犠牲になっているのです。


「聖書」は、上記で述べたように、彼らのサブリミナルな働きをリンクする役割を果たしています。これは、家に聖書を置いているのと同じです。これはサブリミナルな結びつきを生み出します。前回の記事「聖書、ユダヤ人の魔術の本」以来、私は知っています。私はこの記事の大きさを強く認識し、彼らの最も繊細な秘密、根源、そしてサタンを通じた彼らの完全な防波堤を突いていることを考えると、私たちはそれらを暴露したことになります。私はこの記事の大きさを非常によく理解しており、彼らの最も繊細な秘密である根源を突いていることを知っている。 そして彼らの完全な防波堤です。 サタンを通して、私たちは彼らを暴露した。


サタンは私を守ってくれました。もしサタンがいなかったら、私や一生懸命働いている人たちは、すでに死んでいたでしょう。私たちは、より高い目的のために働いているのです。私たちは問題点を特定し、それを明らかにしました。ユダヤの権力構造は、私たちの市民権と自由を破壊し、私たち全員を奴隷にしようと執拗に働きかけています。ユダヤ人の欲には限界がありません。ユダヤ人の権力構造は、私たちすべてを奴隷にすることができるように、私たちの市民権と自由を容赦なく破壊するために働いている。ユダヤ人の貪欲は際限がありません。ここにいるアメリカ人のほとんどは、他の多くの国での生活がどれほど残酷なものであるかを知らない。ユダヤ人はこの状況を変えようと懸命に努力しています。 ソ連が崩壊した後の1990年代初頭、多くの冷酷なユダヤ人共産主義者がアメリカに移住し、それ以来、私たちの国の破壊のために働いています。このことは、私たちの憲法に対する多くの公然とした違反や、私たちの法制度が急速に悪化していることからも明らかです。アメリカは、言論や報道の自由を守る法律がまだ残っている地球上の最後の国ですが、これらは非常に不安定であり、私たちの多くは抑圧されたり、嫌がらせを受けたりしています。アメリカが潰れれば、ある程度自由な小国も潰れ、共産主義者の支配下に置かれることになります。皆さんの多くは、多くの国でユダヤ人のholoco$t(ホロコースト)を否定したり疑問を呈したりすることが重罪であることを知っています...その結果、自動的に刑務所に入ることになります。ユダヤ人の存在や行動はすべて異邦人のせいにされます。これは混乱を生み、効果的な気晴らしにもなり、気を散らすことができます。サタンについても同じです・・ 彼らのキリスト教の「神」の存在と行いはすべて、サタンと地獄の権力者たちに責任を負わせます。


真実は「聖なる聖書」の中にあり、ユダヤ人が「初めから殺人者であり、嘘つきであった」ことは、旧約聖書に目を通すだけでわかりますし、彼の信奉者に窃盗と殺人の両方を犯すように命じる汚いナザレンを見るだけでよいのです。


ルカ19:27、ルカ6:1-5、ルカ19:29-35、他の戒めも破る。マタイ10:34-36


クリスチャンやその他の人たちは、強力な呪文に騙されているので、このことが分からないのです。サタン自身が、しばらく前に、ユダヤ人の共産主義の下で異邦人がどれほどひどい目に遭ってきたかを私に語っています。私は、赤い中国の奴隷労働の状況についていくつかの記事を書きました。この残虐さこそが、ユダヤの共産主義の正体なのです。以下のPDFに目を通し、ダウンロードしてください。最初のものは非常に大きいですが、2番目のPDF(インチキホロコーストを暴露したもの)はダウンロードして、コピー&ペースト、あなたのウェブサイトへのアップロード、興味を持ちそうな知り合いへの個人的なメールでの配布、ディスクへのコピーなどで簡単に配布することができます。

ホロコーストの真実 pdf


ユダヤのタルムードからの引用。
Nidrasch Talpioth, p.225-L「エホバはユダヤ人が獣に仕えなくて済むように、非ユダヤ人を人間の形に創った。非ユダヤ人は結果的に人間の形をした動物であり、昼夜を問わずユダヤ人に仕えることを宣告されているのである。」


私たち一人一人が自由のために戦わなければ、すべての自由は奪われてしまうでしょう。最初のpdfのソ連の奴隷労働と同じように、赤い中国や世界の他の地域でも同じようなことが起こっているのがわかります-使い捨ての人間です。使い捨ての人間が、組織的に壊され、死ぬまで働かされ、さらに異邦人に置き換えられているのです。 聖書は、ユダヤ人が莫大な利益を得るための強力な呪文を唱えるという重要な目的とともに、その教えと教化(旧約聖書と新約聖書の両方)において、ユダヤ人の共産主義の青写真以外の何物でもないことは、少し調べただけでも明白です。サタンは、私たちの心の中のカーテンを引き剥がし、真実に目覚めさせ、私たちが気づき、見ることができるようにします。キリスト教徒とそれに関連する無知な大衆は、最も強力な呪文の下にあります。その呪縛を解かなければなりません。




聖なる聖書 ユダヤ人の魔術の本

キリスト教のミサとユダヤ教の儀式殺人との関連性

マインドコントロール・プログラミングと聖書
(後にリンク)


「0年目」


ユダヤ人が強制するマイクロチップ・インプラント PDF

上記の記事は極めて深刻です。これは、敵対するエイリアンのグレイが持っているもので、感情、思考、その他すべてをコントロールするマイクロチップ・インプラントが埋め込まれています。

この記事には、全世界にとって非常に近い将来であり、すでに起こっていることを証明する抜粋とともに、多数の参照リンクが含まれています。



キリスト教を暴く


 

 https://www.satanslibrary.org/666BlackSun/Christianity_Communism_Bible.htm


サタニズムの促進と発展のために寄付をお願いしますm(_ _)m

 

リンク https://risingsun666.fanbox.cc/

NewRTRの追加の説明

New RTR Addition Explained:

https://ancient-forums.com/viewtopic.php?f=5&t=47794

この異星人の集合意識の物理的なエージェントは、本質的にはユダヤ人です。ユダヤ人でさえ、最近、この事実を認めています。それは、これらの真実の一般的な開示が行われているからであり、彼らはこれ以上、物語を覆い隠しておくことができないからです。彼らがどのようにしてこれらの敵対的な力と交わり、それらを世界に開放するか(そして同様に、これらの力がどのようにして私たちの「領域」に入り込み、私たちに影響を与えるか)は、ある種の精神的な方法を中心に展開されます。


一般のユダヤ人には、賛美歌や祈り、その他の形式の典礼を唱えるように言われていました。しかし、上層部のユダヤ人は、自分たちが扱っていること(完全に同意していること)が、特定のエイリアンのハイブ・マインドのエネルギーをこの地球に流すことだと知り、理解しています。これを早送りする方法は、ヘブライ語のアルファベットと、同時に彼らの「テトラグラマトン」に基づいています。

「テトラグラマトン」とは、「4文字の名前」を意味し、地球上に有益な力を流すために使われていた他の古代の異教を模倣したものです。元々の鍵は、マジシャンの個人的な意志と、世界への影響を象徴するものとして使われていました。しかし、敵は何かにつけてこれを盗み、曲解し、このコンセプトを別のものに利用しています。

経験則から言うと、敵は自分たちの「神」には「形がない」「神を象徴するイメージはない」「言葉にできない」などと嘘をついています。実際には、敵は無数の異質な存在である「ホスト/主人」を崇拝しており、それらはすべて「テトラグラマトン」と呼ばれる中心的なハイブマインドに関連しています。

彼らの言う「神」には何百、何千という名前があり、それぞれがすべてこれに基づいています。

敵は自分たちの「神」には「姿」がなく、「顔」もないと主張していますが、彼らの「神」は明らかに「聖テトラグラマトン」と呼ばれるこの「形」の中に存在しています。シジル・マジックに精通している人にとって、いわゆる「四文字名」は基本的にそれ自体がシジルであり、他のシジルと変わらないシンボルです。

これは、ユダヤ人や高度なラビがこれらの実体と「接触」し、彼らの意思を実行しようとするための焦点として使用されています。この方法が実際にどのように使われているのかは、「選ばれた」ラビたちの輪の中に収められており、一般の人々はこのいわゆる「名前」とその機能について嘘を聞かされています。

これがどのようにして実現されるのか、詳細に説明することができますが、これらはすべて無用な情報です。重要なのは、このユダヤ教の「テトラグラマトン」と呼ばれるものが破壊されることです。このテトラグラマトンは、敵がこれらの力を世界に及ぼすための踏み台であり、入り口なのです。誤解を恐れずに言えば、これは彼らの「すべての鍵」であり、すべての魔術を発現させるための道具なのです。

この「鍵」は、「デーモンたち」との戦いにも使われましたが、これらのほとんどは、他の超越的な事柄に関するものであり、ユダヤ人が作り出したものではなく、彼らを超えた力です。彼らは与えられたものの単なる使用者だったのです。同時に、「JHVH」と呼ばれるものは「プレゼンス」(存在感)でもあり、これは敵が私たちの世界に入ってきたという意識と、それを顕在化させる鍵の総称でもあります。

ヘブライ語の文字で構成されていますが、「それ自体」は実際には「ヘブライ語」ではなく、「ヘブライ語」を記号として使用しています。つまり、これは本当の意味での「言葉」ではなく、また、どのように命名されているかを見つけなければならないものでもなく、むしろ、人が心を開くためのシンボルであり、この場合はユダヤ人のラビです。

東洋では、これと平行したものを「マンダラ」と呼びます。曼荼羅には、例えば三角形や四角形が使われていますが、三角形や四角形を理解させるためのものではなく、心のよりどころとなるようなものです。

しかし、重要なのは、ラテン語で「JHVH」と呼ばれるヘブライ語の4文字が「生き残った」ということです。

要するに、Final RTRへのアドオンをする前に(この「テトラグラマトン」の文字を反転させ、それを完全にシャットダウンするためのアファメーションを加えることになる)、理解しなければならないことがある。 私たちが扱っているのは、心と視覚を何か別のものへと導くための足がかりとなるシンボルなのです。 儀式で閉じて永久に破壊しようとしているのはこのゲートです。

つまり、このシンボルを遮断したり、反転させたり、消したりすることで、敵が世界を操るゲートウェイを「遮断」または「殺す」ことになると理解しなければなりません。この目的は2つあります。死んだヘブライ文字によって、彼らの力の源が無効になり、彼らの主要な紋章が無力化されたことで、彼らはこの世界を彼らの邪悪で価値のないエイリアンの力に開放することができなくなります。

扉を開けるはずの鍵を壊して溶岩の中に投げ込んだと思えばいい。扉は二度と開くことができない。

この手順はとても簡単です。このように、Final RTRの既知の発音では、扱う文字はYud、Hei、Vav、Heiとなっています。しかし、私たちは、この価値のない、嫌な「JHVH」の隠された利用方法に基づいて、これらの文字を反転させるための特定の手順に従います。

これにより、すべてのレベルの存在において、「JHVH」と呼ばれる完全なものは、確実に消し去られます。

 

この儀式のWebページ
https://www.satanslibrary.org/Rtrs/SHITHEY.html


この儀式の日本語Webページ

https://blak666.blogspot.com/2021/07/rtr3_9.html

 

 サタニズムの促進と発展のために寄付をお願いしますm(_ _)m

 リンク https://risingsun666.fanbox.cc/


イルミナティはユダヤ人

The Illuminati Is Jewish

※JoSのミラーBlogは世界のあちこちにあり、そこから翻訳。yahooGroupへのリンクが多くついているが消されているので、リンクは無しの文です。

 https://jewryexposedblog1.wordpress.com/2017/08/30/the-illuminati-is-jewish/

 

 by High Priest Mageson による原典

ユダヤ人のアダム・ヴァイスハウプト

ユダヤ人メイヤー・ロスチャイルド
イルミナティの創始者。
   


 

 

 

 

 

 

 

 


 ユダヤ人のアダム・ヴァイスハウプト ロスチャイルドのフロントマンであり、組織人。アダムもメイヤーもラビの家系である。父親はラビであった。メイヤーは銀行業に入る前にラビになるための勉強をしていた。

イルミナティはユダヤ人


 

ニューザイオン 

この記事でご紹介するように、イルミナティはフリーメイソンに潜入し、メイソンが主導したヨーロッパの啓蒙時代を破壊することを目的とした後世の組織です。ユダヤのイルミナイズムは、フランス革命の急進的な自由主義イデオロギーとして表向きの教義を与えられました。イルミナティは、資金力とエージェントを使ってフランスのロッジに侵入しました。そして、フランス革命の原動力となった。ジャコバン派は、かつてのボリシェヴィキのような存在である。このことは、本来の純粋なマソニックの教義の上に築かれたアメリカ革命と類似している。ユダヤのイルミナイズムの堕落した教義の上で戦ったフランス革命と。フランス革命は、ユダヤ人の世界秩序を作るというユダヤ人のアジェンダを進めるための手段でしかありませんでした。
ニーチェがフランス革命とその自由主義イデオロギーについて次のように述べた。「キリスト教の娘であり、後継者である」

今日、ユダヤのイルミナイズム/共産主義は、文化的マルクス主義として西洋でパレードしています。人々が『政治的正しさ」と呼んでいるものは、それが何であるかを理解していません』。

ユダヤ人は、あらゆる角度からアメリカを崩壊させようとしています。それは、アメリカのオリジナルのメイソン教義が、ユダヤ人の世界秩序計画にとって大きな脅威となるからです。ユダヤ人の告白と行動は、人間の自由の永遠の敵である。

 


ユダヤの銀行家によるアメリカと世界への戦争

アメリカのユダヤ人社会化

オリジナルのメイソン啓蒙主義は、コーシャパス (kosherpath)のアジェンダにとって大きな脅威でした。ユダヤ教のキリスト教の教義を、メイソンの精神的な悟りと真の自由の教義に置き換えていたからです。生命の神聖な秩序としての自然の永遠の法則に基づく秩序です。
創設者たちはそれをマアトの秤(scales of Maat)で象徴しました。宇宙の秩序の象徴です。私たちは、アメリカの建国の父たちとともに、メイソンのオリジナルの啓蒙を目撃することができます。メイソンはテンプル騎士団の出身であり、テンプル騎士団はヨーロッパのドルイド教の貴族司祭の家系であった。メイソンがこの運動を 「エンライトメント」(Enlightenment )と呼んだのには理由があります。

 

 

テンプル騎士団のサーペント・トラディション

The Templar’s Serpent Tradition:

アルバート・パイクが述べたように、メイソンの神はもともとルシファーです。これは重要なことで、LuciferはHuの別の綴りです。ヨーロッパのドルイド教の神の主要な称号です。LとHは同じ意味です。ルシファーは、私たちの神サタンの古代の称号であり、サタンの称号と同様にサンスクリット語に基づいています。

Satは「照らされた」「輝く」、Anは「蛇」を意味します。それゆえに "Shining Serpent"(輝く蛇)。ルシファーの場合、LUはHUでもあります。これは輝くという意味ですが、Hは蛇を表しています。したがって、ルシファーのタイトルはシャイニングサーペント (Shining Serpent)と同じ意味になります。

サタンも神HUとして崇拝されていたので、Wod、Wodan.などと呼ばれていました。
ルシファーはパイクが述べているように、マグナム・オーパスを象徴している。ここで人は完成された不滅の存在となる。そして、すべてのマイナーとメジャーのシッディ(超能力)を手に入れます。これが真の自由であり、精神的な自由であり、苦しみと無知の輪からの解放です。これが本来の宗教のポイントです。

アメリカの建国者が作ったルシファーのメーソン会の実態は、精神的な向上を中心としたものでした。




本当のアメリカ革命はイルミナティについて知っており、彼らがメイソンの教団や運動に入り込もうとしていることを知っていた。彼らの教義は、彼らがアメリカを築くために戦ってきたメイソンの教義の敵だったのです。

米国議会図書館のリンクです。

http://memory.loc.gov/cgi-bin/query/r?a (ダメ!繋がるが閲覧できない。以下は翻訳難しいので、英語の原文も置いておきます)

マウント・バーノン、1798年10月24日。 Mount Vernon, October 24, 1798.

Revd Sir: I have your favor of the 17th. instant before me; and my only motive to trouble you with the receipt of this letter, is to explain, and correct a mistake which I perceive the hurry in which I am obliged, often, to write letters, have led you into.

師よ: 17日のお便りを受け取りました。この手紙を受け取ってあなたを困らせる唯一の動機は、私がしばしば手紙を書かなければならないほど急いでいる、あなたが陥っていると思われる誤りを説明し、訂正することです。

It was not my intention to doubt that, the Doctrines of the Illuminati, and principles of Jacobinism had not spread in the United States. On the contrary, no one is more truly satisfied of this fact than I am.

私は、イルミナティの教義やジャコビニズムの原理が米国に広まっていないことを疑うつもりはありませんでした。それどころか、私ほどこの事実に心から満足している者はいない。

The idea that I meant to convey, was, that I did not believe that the Lodges of Free Masons in this Country had, as Societies, endeavoured to propagate the diabolical tenets of the first, or pernicious principles of the latter (if they are susceptible of separation). That Individuals of them may have done it, or that the founder, or instrument employed to found, the Democratic Societies in the United States, may have had these objects; and actually had a separation of the People from their Government in view, is too evident to be questioned.

私が伝えたかったのは、この国のフリーメイソンのロッジが社会として、前者の極悪非道な教義や後者の悪質な原則(それらが分離可能であるならば)を広めようとしたとは思わないということです。彼らのうちの一人がそれを行ったかもしれないし、米国の民主主義協会を設立した者、あるいは設立のために雇われた者が、このような目的を持っていたかもしれない。また、実際に人民と政府の分離を視野に入れていたことは、疑うには余りにも明らかである。

My occupations are such, that but little leisure is allowed me to read News Papers, or Books of any kind; the reading of letters, and preparing answers, absorb much of my time.”

私は仕事柄、新聞や本を読む余裕がほとんどありません。手紙を読んだり、返事を書いたりすることに多くの時間を費やしてしまうのです。

 

 

フリーメイソンとイルミナティという話題について、ユダヤ人によるメイソンの破壊につながった出来事と、イルミナティの真実について簡単に説明します。
ロスチャイルドは、ユダヤ教のラビの息子であるアダム・ヴァイスハウプトを雇って、疑似メーソンのような組織「イルミナティ」を作り、巨額の資金と人脈で彼を武装させた。

歴史上、1776年5月1日にアダム・ヴァイスハウプト博士がバイエルンのイルミナティ教団を設立したことが記録されている。ヴァイスハウプトは、ドイツのバイエルン州にあるインゴルシュタット大学のユダヤ教正典法の教授であった。ユダヤ人の両親のもとに生まれ、後にローマ・カトリックに改宗した。彼はイエズス会の幹部となったが、その後イエズス会を脱退し、新たに設立されたロスチャイルド家の要請を受けて、独自の組織を設立したのである。

ユダヤ人のヴァイスハウプトは、選ばれた少数の者だけが、世界を導き、支配するのに十分な「光」(illumination)を得る資格があると考えていたのだ。問題は、知的な「光の担い手」(light bearers)をどこで見つけるかだった。その結果、彼は当時の様々なロッジや教団、例えば、様々なメーソンのロッジ、薔薇十字団、その他の古代の合法的で誠実な教団の中に彼らを見つけたのである。このことは、エディス・スター・ミラーがその名著 "Occult Theocracy "の中で次のように述べていることからも、改めて確認できます。"イルミナティの組織が発展するにつれ、その野望も発展していきました。その野望とは、あらゆる手段を使ってフリーメイソンを破壊し、世界支配を目指すというものでした。ワイスハウプトとその仲間たちは、特定のロッジを手に入れた後、自分たちの力を誇示した。

ヴァイスハウプトはスパルタカスと名乗っていたが、それはローマの戦士のように、あらゆる君主制や宗教的権力の抑圧から「抑圧された大衆」を解放することに専念していたからである。制限のくびきを振り払うという彼の願いは、政府や組織的な宗教だけでなく、結婚制度、さらには家族までも含んでいた....。



ヴァイスハウプトは、世界規模の革命が起きても、血の川が流れてもいいようなシステムを目指していた。彼の「善意の独裁」は、6つの主要なポイントで構成されていた。

1.Ordered or nationalistic governments in the form of monarchies.
2.Private property.
3.Inheritance rights.
4.Patriotism to nationalist causes.
5.Social order in families, sexual prohibition laws and all moral codes.
6.All religious disciplines based on faith in a living God, as opposed to faith in nature, man, and reason.

1.君主制の形での秩序あるまたは国家主義的な政府。
2.私有財産。
3.相続権。
4.愛国主義(ナショナリスト)の大義に対する愛国心。
5.家族の社会秩序、性的禁止法、およびすべての道徳的規範。
6.自然、人間、理性への信仰ではなく、生きている神への信仰に基づくすべての宗教分野。

 

 

これはカール・マルクスの『共産主義者のマニフェスト』からほぼ一語一語引用したもので、この6つのポイントは議定書全般とも完全に一致しており、[その正当性が再び証明されました]。

ヴァイスハウプトが描いた未来の世界は、子供までも含めたすべての財産を共有する、完全な共産主義だった。

共産主義世界革命の真の創始者はカール・マルクスではなかったことを知ることはもっと興味深い。その真の父は、イルミナティの「フリーメーソニック秩序」の創設者であるアダム・ヴァイスハウプトである-マルシャルコ(Marschalko)

"我々の教団の大きな強みは、その隠蔽性にある。どこにでも自分の名前で現れることなく、常に別の名前と別の職業で覆われているようにする。フリーメイソンの3つの下位学位ほど適したものはない。大衆はそれに慣れていて、それにほとんど期待していない、したがって、ほとんど気にも留めない。" - アダム・ヴァイスハウプト

当初、イルミナティはメーソン教団ではなく、ヴァイスハウプト自身も1777年にミュンヘンのロッジ・テオドール・ド・ボン・コンセイユへの入会を受けるまで、ロッジに入ることはなかった。しかし、メイソンの中に入ると、ヴァイスハウプトはすぐに、イルミナティの夢を実現するための手段として、その潜在的な価値を見出しました。イルミナティとフリーメーソンの公式な結びつきを作るために、ヴァイスハウプトは1782年7月16日にヘッセン・カッセル州のウィリアム9世の城でヴィルヘルムスバッド会議を開催することにした。 1782年7月16日、ヘッセン・カッセル州のウィリアム9世の城でヴィルヘルムスバッド会議が開催されたが、その規模と目的は大きく、各国のマソニック・ロッジの代表者が参加した。

また、それまで排除されていたユダヤ人にフリーメイソンへの入会を認める決定が下されたのもこの場所でした。イルミナティの信条は、今日でも私たちを悩ませている過激なリベラリズムの起源である。これはキリスト教から来ています。それは同じコーシャパス (Kosherpath)のアジェンダです。

ニーチェがフランス革命とその自由主義イデオロギーについて、「キリスト教の娘であり、後継者である」と述べたように。


しかし、メイソンがユダヤ人に対する政策を変えたのには、もう一つの暗黙の理由があった。お金が必要だった....ユダヤ人はテンプル騎士団の崩壊以来、ヨーロッパの主要な銀行家としての役割を担っていたのだ。そして忘れてはならないのが、当時の国王ウィリアム9世は借金を抱えており、一般的にサイコパス的な人物であったということです。

ウィルヘルムスバッドで彼らの入場を決める投票が行われると、ユダヤ人はその日のうちに勝利したいと思い、他のユダヤ人の支持者で会場をすっかり埋め尽くしてしまった。その後間もなく、イルミナティの会員には、ロスチャイルド家、オッペンハイマー家、ヴェルトハイマー家、シュスター家、スペイヤー家、スターン家などのユダヤ系銀行家がふんだんに含まれるようになりました。

 


ロスチャイルドのヨーロッパにおける金融の中心地であるフランクフルトでは、ユダヤ人を中心とした新しいロッジが結成され、やがてイルミナイズド・フリーメイソンのすべてがこの街を世界本部とすることになります。

イルミナティに率いられたユダヤ人の最初の仕事は、予言されていたザイオン、つまりヤハウェに選ばれた人々が支配する世界を顕在化させることでした。ユダヤ人が長い間(自分たちユダヤ人の頭の中で)約束されていた「乳と蜜の国」をついに手に入れ、それが全世界になるという計画が動き出したのです。

シオンを顕在化させる契機となったのは、ユダヤ系銀行家が資金を提供したロシア革命であった。ユダヤ人銀行家の一人、ドイツ系ユダヤ人のカール・マルクスが『共産党宣言』を発表して、この革命のきっかけを作ったのである。

カール・マルクス(本名ラビ・モルデハイ・レビ)は、後に共産主義者同盟の設立につながる正義連盟 (League of the Just) のメンバーであった。

1841年、モーゼ・ヘス(Moses Hess)はマルクスを "正義の同盟 "と呼ばれる社会に引き入れた。

義人の契約(Bund der Gerechten)のモットーは「すべての人は兄弟である」であり、その目標は「隣人愛、平等、正義の理想に基づいて、地上に神の王国を樹立すること」であった。

これはユダヤ系キリスト教の核心である。

1840年代の10年間に、フランス革命のジャコバン・クラブの左翼を思想的な祖先と称する人々を表現するために、「共産主義者」という言葉が一般的に使われるようになった。【註:これはイルミナティの教義を公にしたものです】 この政治的傾向は、グラックス・バブフ(Gracchus Babeuf)が率いた1795年の「平等の陰謀」の平等主義的な継承者であると考えていた。 この政治的傾向は、グラックス・バブフが率いた1795年の「平等の陰謀」の平等主義的な継承者であると考えていた。その数十年前のバブフの支持基盤であったパリのサンキュロット?職人、職工、都市の失業者たち?は、当時の近代的な機械生産に基づいた新しい社会システムの基盤となる可能性があると考えたられていました。
フランスの思想家エチエンヌ・カベ (Étienne Cabet)は、機械の共同生産によるユートピア社会を描いた小説で想像力をかきたてた -


『イカリヤへの航海』(Voyage en Icarie 1839)。 革命家のルイ・オーギュスト・ブランキは、エリートが圧倒的多数の国民を組織して「金持ち」に対抗し、クーデターで政府を掌握し、新しい平等主義的な経済秩序を制定することを支持していた。

革命のリーダーであるボルシェビキのレーニンは、家系の両方がユダヤ人の血を引いており、ユダヤ人の寡頭制による中央集権的な政府を作る計画を提出した。レーニンとイルミナティの仲間たちがロシア革命の終わりに旗を掲げた後、新しい共産主義政府が誕生したが、その最高位の少なくとも75%をユダヤ人が占めていた…そして共産主義が終わるまでに、6000万人の異邦人がユダヤ人に殺された。その多くは、ユダヤ人コミッサールが運営する組織化された収容所で殺されたのです。ソビエトロシアの奴隷労働。

また、ユダヤ人銀行家は、世界を支配する資本主義のインフラを統括する金融機関の帝国を徐々に築き上げていきました。ユダヤ人銀行家でイルミナティの後援者であったアムシェル・ロスチャイルドは、「私に一国の財政を支配させてくれれば、誰がその国を統治するかは気にしない!」という名言を残しています。

それは最後には共産主義につながります。ユダヤ人がすべての富と権力を握り、異邦人は世界的なユダヤ人の一つの世界秩序のために完全な奴隷にされます。
諸国は神の民に敬意を表するために集まる。諸国のすべての財産はユダヤ人に移り、彼らは鎖につながれユダヤ人の後ろに捕らえられて行進し、彼らの前にひれ伏し、彼らの王たちはその息子を育て、彼らの王女たちはその子供を養育する。ユダヤ人は国々に命じ、彼らが知らない民族を呼び寄せ、彼らのもとに急ぐ。海の富も、国の富も、彼ら自身の権利によってユダヤ人にもたらされるだろう。"イスラエルに仕えない王国の民は滅ぼされる" -聖書における貧者の文学[Le Litterature des Pauvres dans la Bible]。

ユダヤ人によるフリーメイソンリーの破壊行為は、組織内でどのような影響を与えたのでしょうか?メイソンリーはユダヤ教に基づいています。メイソンの儀式からユダヤ教の教えを排除して、何が残るのですか?–- ジューイッシュ・トリビューン[ニューヨーク、1927年10月28日]  The Jewish Tribune [New York,Oct 28,1927]

"現在の国では、フリーメイソンはユダヤ人にとってのみ有益である" -テオドール・ヘルツル(Theodore Herzl )[世界シオニズムの創始者・指導者]。

"我々は多くの秘密結社を設立したが、それらはすべて我々の目的のために、我々の命令と指示の下で働いている。我々のフリーメイソンの多くの勝利の1つは、我々のロッジのメンバーになった異邦人が、我々が彼ら自身の刑務所を建設するために彼らを利用していることを決して疑わず、そのテラスに我々の普遍的なユダヤ人の王の王座を建てることになるだろうということである。 そして、私たちが彼らに、私たちの未来の世界の王に対する自らの隷属の鎖を作るように命じていることを決して知るべきではない。-パリのブナイ・ブリス(B'nai B'rith)大会で行われた開会演説[1936年2月、Catholic Gazetteに掲載]

ここで、なぜ第三帝国がドイツ国内の腐敗したフリーメーソン組織を禁止したのかが明らかになるはずです。それらはユダヤ共産主義の機関である。


 https://jewryexposedblog1.wordpress.com/2017/08/30/the-illuminati-is-jewish/

サタニズムの促進と発展のために寄付をお願いしますm(_ _)m

リンク https://risingsun666.fanbox.cc/


2021年7月10日土曜日

ユダヤ人はどのようにして騙すのか

How the Jews Deceive

ユダヤの権力者たちは、対立する両陣営を支配し、共産主義のアジェンダを進めるために両者を操る。これは常に大衆を欺いてきた。一方では、彼らはキリスト教に反対していると主張しています。その理由は、自分たちが「ゴイム」のための強力なプログラムとしてキリスト教を発明したことを知っているからであり、だからこそ、キリスト教を憎み、その犠牲になっているふりをするのである。これは、妄信的な「クリスチャン・アイデンティティ」プログラムのように、多くの人を騙します。キリスト教は今も昔もユダヤ人の権力の砦であり、彼らはこのことに関して異邦人を欺くためにあらゆることをします。最も効果的な戦術は、自分たちがキリスト教の敵であり、「キリストを殺した」などと無防備な民衆に宣伝することである。いわゆる「キリスト」は、生まれてから死ぬまでユダヤ人であり、ユダヤのシナゴーグでラビに割礼され、名前を付けられた。詳しくは、このリンクをお読みください。イエス。ユダヤ人のアーキタイプ 




これは、バチカンが公然と共産主義を非難しているのと同じで、裏やテーブルの下では共産主義のために働いているのです。これがまた、疑うことを知らない一般人を騙すのです。ユダヤ教・キリスト教の聖書の最初から最後までのテーマは、共産主義の教義の一つです。
プロの取調室では、ナイスガイとタフガイが入ってきて、取調対象者から情報を聞き出そうとします。タフガイは彼を殴り、脅し、ナイスガイは理解者のふりをして入ってきます。どちらもキリスト教の指導者やユダヤ人のトップと同じように、同じ側で働いています。
頻繁に、嘘を補強するために大衆の前でショーを上演しなければならない。ユダヤ人がタルムードやプロトコルに書いたあの「汚い宗教」は、サタニズム/ペイガニズム(異教徒)でした。彼らはすでにそれを破壊し、彼らのプログラムであるキリスト教に置き換えました。平均的なユダヤ人のIQは135です。これは人口の上位2%に入ります。多くの異邦人は彼らを過小評価しています。

 


"クリスチャン “という言葉は、プロトコルやタルムードの中では、異邦人に対する彼らのコードワードです。これは、侮辱に値します。このことを理解していない多くの異邦人は、ユダヤ人がキリスト教を破壊しようとしているのだから、何らかの形で真理があり、価値があるに違いないと錯覚しています。しかし、これは真実からかけ離れています!これは、キリスト教とユダヤ教が敵対しているという架空の概念で、さらに欺くことになります。キリスト教のルーツはユダヤ教にあります。知能の低い愚か者は、ナザレネのようなユダヤ人のキャラクターはユダヤ人ではなく、異邦人であると正当化し主張しようとします。これも、強力な呪文にかかっていて、オカルトへの理解が浅く、ユダヤ人の手にまんまと引っかかってしまうからです。聖書を見て、これらのユダヤ人の性格を見ればいいのです。



異邦人の神々や女神はすべて、ユダヤ人の架空の人物や原型に置き換えられ、本来の性格が歪められ、ユダヤ人の特徴に置き換えられました。タルムードで冒涜されているのはナザレ人ではなく、ルシファーです。処女(聖母)マドンナと同じように、ユダヤ人が「ボシェット」と呼ぶのは、「デーモン」アスタロトであり、ヘブライ語で「売春婦/娼婦」という意味である。 ヘブライ語の処女がアスタロトに取って代わったのです。 これが真実であることは、ユダヤ教のカバラを研究すればわかります。タルムードには、異邦人にユダヤ教の聖典の秘密を教えたユダヤ人は死刑になると書かれています。(Sanhedrin 59a)


それゆえ、タルムードは、「ヤコブの信徒の遺産」(Deut. xxxiii. 4)でトーラーを異邦人に教えることを禁じている。 R. Johanan(ヨハナン)はそのような教える人について次のように述べている。「そのような人は死に値する」「それは盲人の前に障害物を置くようなものだ」(Sanh.59a; Hag.13a)。異邦人の神々は、死、排泄物、退化というユダヤ人の「クリッポス」(Qlippoth)に追いやられている。冒涜されているのはナザレンや処女ではなく、サタン/ルシファーやアスタロトなどの異邦の神々であることはあまりにも明白です。サタン "はヘブライ語で「敵」(ENEMY)を意味する言葉です。


ユダヤ人は欺瞞と心理学の達人である。彼らの背後にあるものを知るには、お金と宣伝がどこにあるかを見るだけでよい。何を大衆に押し付けているのか?誰が権力を持っているのか?ユダヤ人とその手口を知れば、キリスト教がユダヤのプログラムであることは簡単にわかります。問題は、多くの人が欺瞞に陥り、ユダヤ人がキリスト教を破壊するために働いていると思っていることですが、それは事実ではありません。ユダヤ人がキリスト教を発明し、その背後にいて、キリスト教を推進しているのです!キリスト教は、無神論への足がかりとなります。完全な無神論者になると、オカルトを認めず、そのようなものを信じないので、ユダヤ人権力者にとってはもはや脅威ではなく、ユダヤ人は世界を奴隷化するための邪悪な目的のために、これらの権力を自由に使うことができます。


数世紀前、ドルイド教のような異邦人の宗教は、強力なオカルト知識の資源でした。ユダヤ人はキリスト教を道具にして、異邦人からこの知識を取り除き、彼らの司祭や霊的指導者を大量に殺害しました。「デビル」は知識と同義語になり、キリスト教の教義では知識は「罪」であるとされていました。しかし、「書物の民」と呼ばれるユダヤ人は、そうではないことを知っていた。奴隷の支配を維持するためには、奴隷は無知でなければならない。 霊的な知識は異邦人から強制的に取り除かれ、ユダヤ人の原型となった異邦人の神々の歪んだ堕落に置き換えられ、異邦人のマントラ(魂を前進させ、心の力を増幅させるための詠唱や声の振動)は意味のないロボットのような祈りに置き換えられ、異邦人の魔法の実践は堕落しました。例えば、等腕線の十字架で表される魔法の基礎である四隅/要素は、ナザレンがぶら下がったラテン十字架に置き換えられました。ナザレンにはいくつかの目的がありました。 一つは、この架空の人物(ユダヤ人は彼が架空の人物であることを知っているので、タルムードの何ページにもわたって彼を冒涜するようなことはしないのは明白である)が、異邦人の気をそらす役割を果たしたことである。 この人物が「救ってくれる」「私たちの罪のために死んでくれた」と信じることで、オカルトを勉強したり、知識を持ったりする必要はありません。オカルトはユダヤ人の権力者の手中に安全に収められます。異邦人は「信仰を持て」と教えられ、疑問を持たない。キリスト教は、共産主義の教義であることに加えて、信者が虐待を受け、奴隷になることを条件としています。「山上の説教」のように、「もう一方の頬を向けよ」「1マイル余分に歩け」などの自殺を促すアドバイスは、異邦人の精神を破壊するためのものです。


第二に、ナザレンは間違いなくユダヤ人のキャラクターです。彼はユダヤ人の習慣である、神殿でラビによって8日目に割礼を受けて名づけられた(ルカ2:21)。彼の両親は「過越の祭り」を祝い、彼は12-でバル・ミツバを受けた。 ルカ2:41 さて、彼の両親は毎年、過越の祭りのときにエルサレムに行っていた。42そして、彼が十二歳になったとき、両親は祭りの習慣に従ってエルサレムに上った。
彼の教えはユダヤ教であり、ユダヤ教の法律を守っていました。


「イェシュアは、ユダヤ人としての生き方を人に教えるだけでなく、自らもそれを実践しました。 その表向きのしるしは、戒めを思い出すために服にツィツィット(tassles)をつけること (ルカ 8:43、マタイ. 14:36、Strong’s # 2899)などでした (Num. 15:37-39)。過ぎ越しの祭りを守り(ヨハネ2:13)、エルサレムに上って行きました(申命16:16)。サッコトを祝い(ヨハネ7:2、10)、エルサレムに上って行きました(ヨハネ7:14)。また、ハヌカ(ヨハネ10:22)やロッシュ・ハシャナ(ヨハネ5:1)を守り、律法では命じられていないにもかかわらず、これらの機会にもエルサレムに上った。」 (下部に参考資料あり)


このユダヤ教との結びつきは、このキャラクターにとって非常に重要なものでした。ユダヤ人は "メシア "の再来に執着してきました。その "救世主 “が戻ってきたら、ユダヤ人は団結して世界を支配することになっている。さて、心の働きやいわゆる「魔法」の知識がある人ならば、「共感の魔法」のようにつながりを持つことの重要性を知っているでしょう。非常に強力な異邦人のサイキック・エネルギーが、祈りや信念、苦しみを終わらせたいという切望(非常に強力な願望)、地上の天国などを通じて、この「キリストの再臨」に込められています。 これにより、知らず知らずのうちに、ここでの共通の目的に向けられたエネルギーの巨大な渦が生まれます。キリスト教の異邦人は、すべてのオカルト的知識と力を奪われ、ユダヤ人の手の中で操り人形のようになっています。ナザレンは他のユダヤ人と同様にプロの被害者であり、ユダヤ人が彼を "十字架につけた “と主張する異邦人の支持者がいる。さて、このことは、両陣営を真ん中に立たせる戦術にさらに拍車をかける。ユダヤ人の権力者たちは、自分たちの目的を達成するためにどんな犠牲を払おうと気にしません。ここでは、再びユダヤ人対キリスト教徒が登場します。敵と攻撃は、嘘を存続させ繁栄させるための原動力である。キリスト教は今やユダヤ人から守らなければならない。これほど悪意を持って攻撃されているのなら、それは正当なものであるに違いありませんよね?実は、これは大衆の前でのショーであり、欺瞞のゲームなのです。権力者であるユダヤ人は、キリスト教がプログラムであり、すべての霊的知識が死んで異邦人の民衆から消えてしまう無神論への足がかりであることをよく知っています。誰にも逃げ場はありません。


次に、異邦人のオカルト・ロッジや教団があります。これらはすべて浸透していて、ユダヤ人がこれらも支配しています。フリーメイソンでは、「ソロモンの神殿」を再建するための入会儀式があります。これもまた、キリストの再臨と "メシア “を意味しています。 他の主要なオカルトグループやロッジは、ヘブライ語のシンボル、ヘブライ語の「アレフ・ベット」、ヘブライ語の神秘主義、汚い天使や「YHVH」のデタラメであふれています。もし誰かがこの醜い精神的な牢獄から抜け出したいのであれば、常にキリスト教のサタニズム(悪魔崇拝)があります。


 そこでは、同じユダヤ人の汚物が、生き血の犠牲と邪悪な行為でサタンを崇拝するか(邪悪であればあるほど良い)。あるいは、ゴエティアを利用して、我々の神々がひどく冒涜され貶められる同じユダヤ人の教えに従うか、どちらかを選ぶように指示しています。彼らはすべてを支配しているのです。サタン(悪魔)教会のバフォメットを囲むヘブライ文字は、真実、バフォメットを縛っている。円は束縛の象徴です。外側を囲むヘブライ文字には、力が込められています。


今こそ、異邦人が真実に目覚め、我々のオカルトパワーを取り戻す時です。ユダヤ人はサタンを通してのみ敗北することができ、彼らはそれを知っています。だからこそ、彼らは人々をなんとしてもサタンから遠ざけようと、一生懸命に努力してきたのです。ユダヤ人の経営するハリウッドでは、キリスト教のサタンの概念を強化するようなサタンの映画が次々と作られ、恐怖のボリュームが大きくなっています。その一方で、ナザレンを題材にした映画は非常に評価が高く、ナザレンを否定的に描いた映画があれば、ユダヤ系のマスコミはすぐにこれに飛びつきます。また、ユダヤ人対クリスチャンという構図の大衆の前のショーを行い、騙されている異邦人の目にはキリスト教のプログラムがより信用されます。最終的には、マントは脱ぎ捨てられ、「私たちはずっとあなたを持っていた」という計画になります。



参考までに Jesus is a Jew

(このリンクはとても参考になります) 

 

https://www.satanslibrary.org/666BlackSun/Deception.html



サタニズムの促進と発展のために寄付をお願いしますm(_ _)m


リンク https://risingsun666.fanbox.cc/

 

2021年7月9日金曜日

お得なRTR3点セット


詳しい説明はこちら、NewRTRの追加の説明
 
お得な3点セット

ファイナル RTR +キリング テトラグラマトン RTR +砕く ユダヤの魂の保護 RTR ペイント可能バージョン

有志によるペイント可能なバージョンリンク

ライトバージョン
ダークバージョン

ファイナルRTR+テトラグラマトンの抹殺+敵の守りを粉砕するRTRのお得な3点セット

Post by HP. Hoodedcobra666 » Wed May 26, 2021 1:35 am
特に5月26日の月食の際には、壊滅的な影響を与える追加の儀式です。


1.ファイナル RTRの説明はこちら 

時計

直リン

SSの仲間によるRTRツール


2.キリングテトラグラマトンRTR

Killing Tetragrammaton RTR


これは「ファイナルRTR」と組み合わせるもので、RTRを終えた直後に行う。この儀式の数字を増やす必要はない。最大限の効果を得るために、そのままにしておく。

この消去は、「ファイナルRTR」と同様に行う。これに基づいて、破壊を行うことになる。

詳しくは説明しませんが、この儀式はただのナパームです。なぜそうなるのかを詳しく説明すると、本が半分くらいになってしまう。意識的に行わなければならず、忘れてはならないのは、これを終わらせて永遠に存在しないものにするという意図である。

左から順に一文字ずつ消していきます。ファイナルRTRと同じように、一文字ごとに振動を繰り返し、消してから次の文字に進みます。1列目は各3回、2列目は6回、というようにバイブレーションを繰り返す。各列を消した後、強烈な集中力で、その文字が死んでいることを感じ、知る。

      行上     バイブレーション

画像1

第一階層:4文字-各文字×3
第二階層:3文字-各文字×6
第三階層:2文字-各文字×9
第四階層:1文字-×12
第五階層:沈黙[以下に説明]
第六階層:アフファメーション×10


第一階層
以下をそれぞれ3回ずつ振動させる。
DUUY * DUY * DOHY * THOHY * TUUY(RTR12番)
三角形の中の文字を消す

以下をそれぞれ3回ずつ振動させる。
HAYH * HEH (RTR17番)
三角形の中の文字を消す

以下をそれぞれ3回ずつ振動させる。
VAHV * VAHW * VUHV * WAHWRTR16番)
三角形の中の文字を消す

以下をそれぞれ3回ずつ振動させる。
HAYH * HEH *(RTR17番)
三角形の中の文字を消す

これらがすべて死んだと感じ、理解する


第二階層
以下をそれぞれ6回ずつ振動させる。
DUUY * DUY * DOHY * THOHY * TUUY(RTR12番)
三角形の中の文字を消す

以下をそれぞれ6回ずつ振動させる。
HAYH * HEH (RTR17番)
三角形の中の文字を消す

以下をそれぞれ6回ずつ振動させる。
VAHV * VAHW * VUHV * WAHW(RTR16番)
三角形の中の文字を消す

これらがすべて死んだと感じ、理解する


第三階層
以下をそれぞれ9回ずつ振動させる。
DUUY * DUY * DOHY * THOHY * TUUY (RTR17番)
三角形の中の文字を消す

以下をそれぞれ9回ずつ振動させる。
HAYH * HEH (RTR17番)
三角形の中の文字を消す

これらがすべて死んだと感じ、理解する


第四階層
以下をそれぞれ12回ずつ振動させる。
DUUY * DUY * DOHY * THOHY * TUUY (RTR17番)
三角形の中の文字を消す

三角形全体を今すぐ消去する

これらがすべて死んだと感じ、理解する


第五階層
この段階ですることは、いわゆる「名前」が死んだ後の静寂に集中することです。あなたはこの空虚な静寂に集中し、そのすべてが永久になくなることを願わなければならない。


第六階層

三角形全体を消した後、数秒間、心の静寂の中で、この「テトラグラマトン」のすべてが永久になくなったという知識に強く集中してください。

では、10回断言してください。

- ヘブライ語のテトラグラマトンは、そのすべてのシンボルと順列において、今や死んでおり、力を失っており、存在のすべての次元において永久に破壊されている。

- すべてのユダヤ人の精神力は永久に死んでおり、この世界とすべての世界から追放されている。

- この世界を覆っているヘブライ語の魔法と意識の精神的なベールは、永久に解除され、死んでおり、あらゆる力と影響力を失っている。

最後にAUMを1回振動させ終わります。



3.砕け散るユダヤ人の魂の保護RTR

(Shattering Jewish Soul Protection RTR)

儀式の進め方:
注意:この儀式の効果を最大限に発揮し、身の安全を確保するために、適切なクリーニング、保護を行い、エネルギを引き上げてください。必要に応じて、サタンにお願いして、儀式を手伝ってくれるデーモンを送ってもらいましょう。あなたがこれに気付いているかどうかにかかわらず、彼らはデーモンを送ってくるでしょう!儀式の後、太陽のマントラや敵に呪いを返すなどして、自分自身を本当によくクリーニングしてください。



この儀式は、Final RTR Ritualの他の部分[Killing tetragrammaton and killing the Hebrew alphabet]に1つ追加されます。具体的にはこの儀式は、他の儀式がより強力に機能するように、彼らのすべての防御を破壊し、引き裂きます。

この儀式は、敵の秘密のテキストから作成されたもので、彼らは閉ざされたサークルにのみ共有しており、当然のように非常に破壊的なものとなっています。以下に、この儀式のやり方を説明します。

1. 提供された写真(下にスクロール)には、矢印があります。これは方向を示しています。

2. 最初の単語[EE-AAH-OH-DA]から始め、憎しみと意図を持って振動させ、最初のマスにあるヘブライ語の単語を破壊し、その後、最初のマスを消します。ブロッティングの後は、これが永久に破壊されたという事実に集中しなければなりません。

3. この後、最初のトライアドに入ります。これは、それぞれの名前に対して、[LAH-EH YOH-HAH]、[LAH-EH YOH-HAH]などを6回行い、次に、[LEH-AH FAH-RR]、[LEH-AH FAH-RR]などを行います。これらの3連符が完成したら、文字を消して、次の3連符へと同じように進みます。

4. すべての3連が終わったら、中央に進み、2つの長い単語をx6倍し、同様に消して、このマスを終了する。

5.MEE-DU-EH-EEYYを振動させ、ユダヤの星を消してください。

6.  EE-AAHN-OH-DAを一回唱えて、これらすべての破壊的な肯定を進めて、これらを終わらせる。

スクリーンショット 2021-07-09 15.33.07

※訳者ちよこれいと:この儀式は発音の音声ファイルがないため、これまでの儀式の経験や発音のポイントから読み仮名を振りました。間違いもあるかもしれませんが、発音は完璧でなくても良いとのことなので、挑戦してみて欲しいです。

発音:
[この儀式のHは発声されるべきではなく、ほとんど聞こえません]
.IANODA:EE-AAHN-OH-DA イー-アーン-オー-タ 

.LAE/YOHA:LAH-EH • YOH-HAH  ラー-エ・ヨー-ハ 
LEA/FAR:LEH-AH • FAH-RR  レー-アー・ファー-(ル) 
LEIR/VAG:LEH-EER • VAH-GG  レー-イー(ル)・ヴァー-グ 

.LEIR/ZA:LEH-EER • ZAAH  レー-イー(ル)・ザー 
LEIR/AB:LEH-EER • AAHB  レー-イー(ル)・アーブ 
LEIMH/SH:LEH-EEM-HH • SH  レー-イーム・(フー)・ス 

.LEI/RU:LEH-EE • RUU  レー-イー・(ルー)
LE/MAR:LEH • MAH-RR  レー・マー-(ル)
LE/AI/GAR:LEH • AAH-EEE • GAH-RR  レー・アー-イー・ガー-(ル)

.LIVA/KOK:LEE-VAH • KOHK リー-ヴァー・コーク
LEI/DAP:LEH-EE • DAH-PP  レー-イー・ダー-プ
LEA/KH/EEM:LEH-AH • KKHH • EEMM  レー-アー・(フー)・イーム

.HAIKAT/ZUH/Y[EE]:HAH-EE-KAHT • ZUH • EE [最後のYは高EEサウンドです]  ハー-イー-カート・ズー・イー

.AHAY/IKAZ/UH/T:AAH-HAH-EE • EE-KAHZ • UHH • TT  アー-ハー-イー・イー-カーズ・ウー・ツ

.MEE-DU-EHY:MEE-DU-EH-EEYY  ミー-ドゥ-エー-イィ

.IANODA:EE-AAHN-OH-DA  イー-アーン-オー-ダ



◎では、3回肯定してください。

●すべてのユダヤ人とラビの霊的な保護は永久に死んで消されています。
●ユダヤ人の保護天使と思考形態は、永久に死んで消されています。
●ユダヤ人は、どこから見ても、またどこの世界にいても、無防備です。
●すべての憎しみ、霊的攻撃、負のカルマは、ユダヤ人とユダヤ系の人々に完全に現れています。
●ユダヤ人はサタンと彼のデーモンに対して完全に無防備です。
●エジプトの魂は、ユダヤ人の魂を圧倒しました。ユダヤの魂は、今も、そして永遠に、あらゆる存在のレベルで崩れ落ち、破壊され、粉々になっています。
●ユダヤ人による世界征服の計画はすべて失敗し、ユダヤ人は完全かつ永久に敗北しました。

Hail Satan Forever!!!


並びがシンプルで分かりやすいバージョンがあるが、これはペイント版はないようです・・。

画像3


翻訳者ちよこれいと(前後の説明付き)リンク

おわり